日記

こんな寒い日は眠気が強くなります

この記事は約 2 分で読めます。

まさひろ
まさひろ
こんにちは!!うつ病CEOのまさひろです。

今回の日記の内容は次のとおりです。

  1. 眠い
  2. とにかく眠い
  3. いろいろ対策しても眠い

今日の関東地方は、とても寒いです

こんな日は、うつ病の症状もちょっと強く出がち。僕の場合、眠気がMAXになります。

まさひろ
まさひろ
これを書いている状態でも眠いです。

いつも、いろんな対策をとってみるんですが、軒並み効果なく、仕方ないので寝ていることが多いです。

対策としては次のようなものを試しています。

  1. コーヒーを飲む
  2. バナナなどを食べてトリプトファンを摂取
  3. 顔を洗う
  4. 外にでる
  5. カフェイン(粉薬)を飲む

①コーヒーを飲む

まず眠気を覚ましたいときにはコーヒーを飲みます。

インスタントでなく、豆は安くてもドリップコーヒーです。インスタントは苦手ですが、夏は濃い目に作ってアイスコーヒーにすると美味しく飲めます。

しかし、残念ながらコーヒー程度のカフェインでは僕の眠気は覚めません。

②バナナなどを食べてトリプトファンを摂取

ウツクス
外部リンク
質問「うつ病の症状が季節で変わるのはなぜ?」→日照時間や気温変化が原因
https://www.u2x.jp/2019/12/30/2104/
質問 回答 解説 季節によるうつ病と、対処方法を解説します。 秋から冬にかけては「冬季うつ病」に警戒 まず、冬…
続きを読む

必須アミノ酸のトリプトファンを多く含む食べ物やサプリを取るのも、うつ症状の改善に役立つので、積極的に取るようにしてます。

まぁ、お腹いっぱいになると寝ちゃいますが、そんなには食べません。

③顔を洗う

古典的ですが、割と効果的な「顔を洗う」

学校の授業中に寝ていると先生に「顔洗ってこい」なんて言われたりしますが(古い?)冷たい水で洗うと、一時的に目が覚めます。

④外に出る

寒い外にでるのも効果あります。もしくは部屋を換気するのもアリです。

でも、あまり体が冷えると、家の中に戻ったときに急に暖かくなってより一層眠気を誘います。

⑤カフェイン(粉薬)を飲む

最終手段。

病院で処方されてるカフェインの粉末を飲みます。しかし、だいたいの場合僕にはカフェインはあまり効かないみたいで、その後にぐっすり眠ってしまうことも多々あります。

最後に

やっぱり眠いです。

まさひろ
まさひろ
以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング参加しています。
この記事は約 1 分で読めます。

クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログへ