経営

社会保険労務士さんとの面談をしてきました

この記事は約 2 分で読めます。

まさひろ
まさひろ
こんにちは!!うつ病CEOのまさひろです。

今回の日記の内容は次のとおりです。

  1. 社会保険労務士さんに、雇用に必要な社内体制について教わってきました
  2. 半農半ITだと、いろいろ複雑な面もありそうです
  3. とはいえ、それ以前に会社の経営黒字化をなんとかせな

半農半IT企業ゆえの悩み

今日は、本業のほうで経営している会社の雇用問題について相談するために、社会保険労務士(以降、社労士)さんと面談してきました。

僕自身、以前に社労士の資格取得のための勉強をしたことがあり、基本的には労働関係の法律はおさえていたので、まったくの初めて知ることは無く、非常にスムーズに復習させてもらった感じです。

まさひろ
まさひろ
しかし、やはり経験を積んだプロの方は、試験で問われる知識だけでなく実務のポイントを抑えているのでとても有意義でした。

相談して思ったのは、うちの会社(大人としては「弊社」と言うべきなんでしょうが、そんな弊社なんて立派なもんじゃないので(笑))の場合、半農半ITというわりと特殊な経営のため、今後正社員雇用という形になると、就業規則だったり労災保険の契約面だったりで、多少煩雑になりそうな感じです。

まさひろ
まさひろ
労災の保険料率にしても、IT事業と農業では全然違うので、そのあたりも他の会社はどうしているのか気になるところです。

このあたりは、実際に雇用を始められるようになったら、社労士さんと組んで考える必要がありそうです。

まずは雇用できる環境を

とはいえ、そういう煩雑な雇用の実務以前に、うちの会社場合、赤字をなんとかして雇用を確保できるようにならないとはじまりません(苦笑)赤字のままでは始まるどころか終わってしまいます。

ここらへんが投資先行型のビジネスになりがちな農業の課題ですが、あと数年は正社員なんて夢のまた夢な感じがしています。

IT事業の見直しと、農業のビジョン確立

IT事業を拡大できれば早いんでしょうが、以前から請け負う予定になっていた仕事が先に進まなくなっていて、ここしばらくは身動きができずにいました。

しかし、そろそろ腹をくくって別案件を獲得しにいくときなのかと考えています。

それから農業を拡大して正社員を雇えるビジョンもキチンと描いていきたいところです。農業法人といっても実際には別事業で生計をたてていて、農業部門は赤字続きというところも多いですが、それでは長続きしないです。

農業単体で黒字化できるものが本物なのかなと思います。これは、今年一年でなんとか明確化していきたいと考えています。

まさひろ
まさひろ
以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング参加しています。
この記事は約 1 分で読めます。

クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログへ